ホーム > 

カリモクの購入店を探す

カリモク家具をアウトレットで安く買うには

カリモクの購入店を探す:カリモクのアウトレットの賢い買い方

品質には定評のカリモク家具の展示品を安く購入する方法を研究、販売店探し、アウトレットへ見に行って契約まで。その結果カリモク家具の現品を満足行く価格で購入する事ができた、そんなお話です。

カリモクのお店

有名メーカーだからどこでも取扱いしてくれる、しかし何処も割引は厳しいのが実状の様だ、ネットで見てもどこも対して変わらない。意味不明の招待状の所は利用したく無い、アウトレットでは無く新横浜カリモクショールームでも招待状が必要な優待セールなる物が沢山あるので、また電話して聞いて見た。割引は教えてくれないがショールームに招待状で来てくれれば優待価格だそうだ。一瞬傾いたがアウトレットとの話しを聞いて見たらアウトレットの処分価格は前に書いた他と変わらない内容だったので、優待セールも見えてきた様に思い電話を切った。あの新横浜ショールームで招待状なんか持って行ったらメーカーのショールームのメリットが消えてしまうと感じた。なかなか進まないものだ。一つネットでカリモク、アウトレットで検索すると「鶴見カリモクアウトレットは自由に入れます」と出てくるお店がある、ここはちょっと他とHP内容が違う。今までカリモクアウトレットで感じた不思議な招待状の事が詳しく書かれている、ここは招待状はいらなく受付でここの会社名を伝えて入れと書いてある。そして気に入った家具があったらその会社名で確保するようにある、その後問い合せしなさいと言う事の様だ。

不思議な販売店

書いてあることは分るが、価格に関しては具体的な事は書かれていないが、なにか不思議なお店に感じた。アウトレット以外に新横浜ショールームも当然取扱いしていると、アウトレット以外のカリモクも問い合せして下さいと書いてあるだけで価格の提示は無い、まっーどこでも価格は書かれていないが、期待を感じさせるお店であるがもっと良く研究する必要がある。カリモク以外にシモンズ、日本ベッド、フランスベッドと家具では一流と言われるメーカーを専門に扱っている、会社概要を見ると20年の営業というので本当なら信頼できるのか?しかし支払いは全額前入金とこれでもかと大きく書いてある。水戸黄門の印籠みたいに「ぐわっと」来る。普通こういった条件は控えめに書くと思うがここは逆で凄い、申込みの仕方も簡単に流れが書いてあるがなんか全て販売店にいいような仕組みになっているように感じ少し嫌悪感を感じた。最初にお読み下さいと書かれているページを見ると「びっくり」ここはまったく我々の思うお店と180度違うと書いてある、本来は利用した事のある人とその紹介の人だけが利用できるとの事、初めての人も利用はできるがこの会社を理解できないと無理の様な事が書かれている。最近この会社のHPの壁面収納が気になる、カリモクではないがこの壁面収納をかなり買いたくなっている。

凄い硬派のお店

お客様に都合良く便利な会社ではありません。とも書いてある、こんな台詞を書く販売店は一体?と驚きと関心が交差させる奇妙な会社だ。しかしなんか気になるのでアウトレットのページを隅々まで読み、カリモクのページもよく見た。もの凄く変わったお店と言う事は分ったが具体的な事は書かれていないのでそれ以上は判断できない。アウトレットでもカリモクショールームでも受付でその会社名を伝えるように書かれているので、カリモクと取引があるのだと言う事は分る、ここの会社の自信はいったいどこから来るのか?このままでは眠れなくなる。

実家は何処で買ったの?

そーだ実家は何処で買ったのか?聞いてなかった、早速行ってカリモクのアウトレットと新横浜ショールームに行ってきたよと報告。新横浜のカリモクショールームは良いねと言うと「そーだろあそこは綺麗で良かったよ」と返って来た。ところで前に買ったお店は何処だったのと聞くと、カリモクの家具を買う前にもベッドを買ったことがあるお店で、ベッドは15年以上前との事でメーカーのショールームで決めて電話で注文するお店とのこと。名前が出てこないので申込み時のなんか控えがあるので探して電話するよと言われて帰宅となる。ショールームで見て電話で注文するって、そんな昔からあったのとちょっと驚いたが「そのお店はきちっとしていて価格も良かったよ」と言っていたので期待できるかも。

お店からのハガキ

次の日、実家から電話が来た。申込みの控えとそのお店から前に来たハガキがあったと電話をくれた、お店の名前と電話番号、住所が分った。「えっこれってもしかしたらHPで見た不思議な硬派の店では?と直感的に住所が同じような気がする、パソコンのお気に入りからHPをアップ、会社概要を見るとまさにその通り全てが同じだ。実家が屋号の表現をしていたが会社概要には正式会社名と屋号の二つが書かれていて、住所、電話番号は同じだった。15年前と住所、電話番号が変わっていないのは凄い安心だ。しかしよく実家はこんな凄い会社で家具を買ったものだと関心した、驚きと大変ありがたい情報が入手できた事は間違い無いと感じた、身近に昔から利用した人がいた事は今後の展開を大きく変える事になる。このお店のHPを隅隅まで見ると昨日見たHPとは全く違って見えるから人間は不思議で、この会社が書いてあることは全てがごもっともに感じてしまう。この日本にこんな凄い会社が20年も存在していることが新鮮な驚きを与えてくれる、ここは他とは違うただ者では無いと思ってしまった。この変わりようにもびっくり、、ね

メニュー

03-5422-6224 10~18時 水曜定休
公式通販のご案内 electronic cimmerce
Dozele
 
モバイル表示にする
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物の全部、または一部を弊社の許可なく複製、使用することを一切禁じます。
Since 12.1.2004. Copyright © 2004- 2017 SEILOO Inc. All Rights Reserved.