ホーム > 

再度カリモクのアウトレットへ

カリモク家具をアウトレットで安く買うには

再度カリモクのアウトレットへ

品質には定評のカリモク家具の展示品を安く購入する方法を研究、販売店探し、アウトレットへ見に行って契約まで。その結果カリモク家具の現品を満足行く価格で購入する事ができた、そんなお話です。

アウトレットは金曜日

このお店のアウトレットのページには、行くなら金曜日が一番と書いてあった、土日はできるだけ避けて一番品揃えがあって人の少ない金曜日が狙い目とある。こんな事を書いてある販売店は他には無かった、今回はそのお店の紹介で来ましたと受付で伝えて入る。前回の土曜日とは違い、人も少なく静かで確かに気楽に見れて回れた、テレビボードで気に入ったものがあったが冷静に冷静に考えて見てまわる事に心がける。今回は不思議とどこかの販売店らしき人がいるが接客をしてこない、そーか紹介店を受付で伝えているので寄っても無駄と判断して来ないのだと気がつく、なるほど紹介店のHPページにもそのようなことが書いてあったのを思い出した。いろいろ見てテレビボードを再点検したが何処にキズがあるのか?よく分らない程問題無く見える、価格も新品よりかなり安いように思う。しかし家に帰ってサイズ、色とか冷静に確認しようと今日は確保をしないで帰宅となる。

展示現品の確保へ

家に帰り今日見たカリモクのアウトレット品の品番をネットで検索すると新品の定価を確認できた、何割も安くなっていた。サイズ、いろとも問題無く価格的にも十分買える価格で家具の作りはカリモクって感じがした。テレビは既にあるのでサイズ的にはこの先も問題無く、仮にテレビが大きくなってもまったく問題無いので非常に欲しくなってきた。現品は考えているうちに無くなってしまう事があるのでこーいった点が厳しい、明日朝一で入って確保しようと家族会議で決定。ソファーとダイニングセットも気になるのがあるので再度見てみようとなる、その品番もネットで調べたら定価から結構安い価格表示になっていた。急に展開が早くなってきた、購入店が定まるとメーカーショールームは非常に便利とつくづく思う、販売店が決まらないと逆にあれこれ考えてしまい先に進まなくなってしまう。

アウトレットへ朝一で入る

よかった、まだあった。早速、現品をあのお店の名前で確保できた、カリモクさんからお客さんからお店に早く連絡を入れて下さいと言われ帰宅後初めて電話をして見た。この家具以外は今回は止めて新横浜ショールームへもいってみようと考えて帰宅した。電話したら確保されているか?カリモクアウトレットへ確認するとの事で30分以降に電話をする事になる、再度電話をすると確保の確認はできましたのでこれからいろいろ聞く事があると言われた。予想の範囲で驚く事は無く伝える事伝えて聞かれた事には全て答えて終わり、今度は10分以降に再度電話をするように言われる。事前にこの会社を理解できているので当たり前に電話をしているが、知らない人は「何でこっちから電話するのか」と思う人も少なく無いと思う。再度電話をすると配送料、消費税等を計算された販売価格が伝えられた、早速申込みの意志を伝えると申込みの流れを説明してくれた。確保から先は各自が実際経験しないと分らないのでこの先はご自身で体験して見てはと思う。ここでアウトレットの話しが終わる意味も分ると思います。

メニュー

03-5422-6224 10~18時 水曜定休
公式通販のご案内 electronic cimmerce
Dozele
 
モバイル表示にする
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物の全部、または一部を弊社の許可なく複製、使用することを一切禁じます。
Since 12.1.2004. Copyright © 2004- 2017 SEILOO Inc. All Rights Reserved.