ホーム > 

華麗なるヨーロピアンファニチャーの世界

華麗なるヨーロピアンファニチャーの世界

貴族が愛してやまなかった名職人の集大成

SILIK

SILIK

バロック時代の意思を受け継ぐ
「シリック」

フェアに参加する

シリックはバロック様式を昇華させたヴェネチアンスタイル家具です。

デコラティブなデザインと優美な曲線、豪華な装飾、クラックレ仕上げなどがその美しさの源泉です。
金箔を貼ったゴールドのシリーズはシンプルで気品あるリッチな仕上がりです。
古典的なシリックの世界では1961年から常に、過去の栄光に囚われることなく、その気品を兼ね備えた豪華さを維持してきました。

非常に経験豊富な彫専門家のスキルによってその細かく独創的で魅力的な家具コレクションを提供してきました。
官能的なバロック様式の言いようのないルイ16世の頃からは、生産技術が高い貴重な職人により、それぞれの製品につながったインスピレーションを大切にしてきました。

また生活の中で減少している、「快適さと洗練」と「幅広い装飾」との雰囲気をつくることに常に努めています。

colciago

colciago

最高級のエレガントスタイル
「コルチャゴ」

フェアに参加する

30年以上も前からコルチャゴはリビング品、キャビネット、テーブル、ルイ16世シリーズの椅子の生産に特化してきました。

コルチャゴは継続的な研究や製品化の実現のためのに努めることで独自のジャンルの芸術作品、ユニークな作品を提供しています。

コルチャゴの家具は、非常に高品質な材料が使用されています。
特徴としてラッカー仕上げのハートウッドは、紅葉で強化されています。
象嵌細工のフロ—ラル模様はハンドメイドで作られています。
木材の種類として、耐荷重構造のシナノキ、彫刻のためのブナを主に使用しています。
彫刻や装飾はプロの職人による手作りです。
彫刻によく使用されう木材は、トリネコとローズ、ブライアウッドが使用されています。

こうした高級素材へのこだわりや、代々受け継がれる職人の技術が最高級のロココ調家具として、代々根強いファンを確立し続けてきました。

camel

キャメル

1983年にイタリアでキャメルグループが創設され、世界中のベッドルーム、ダイニングルームにレザー・ファブリックスイートを輸出しています。
全てがイタリア製で伝統的なクラシックシクな要素と現代のモダンを組み合わせた、ネオクラシカルの要素を持ち、近年流行りの白家具、レオナルドシリーズが特に人気です。

jennifer taylor

ジェニファーテイラー

1991年にブランドがスタートしました。アメリカに本店があり、現地でデザインが考案されています。
タッセルやリボンを用いた装飾が美しい商品は女性に大人気です。
飯田商事オリジナルで限定で作っているピンクカラーも人気です。

chandelier

シャンデリア

スワロフスキー社のシャンデリアをはじめとする、プレシオサ(チェコ)、マッツカート(イタリア)などのハイクオリティーブランドを主に取扱っています。
職説契約している電気会社がお取付するので安心です。
技術の進歩によりクリスタルでも輝きが変わらない安価な物を3~5台をまとめてご購入される方が増えてきました。

この商品・メーカーに関するお問い合わせは
 

ヨーロピアン家具の歴史

SILIK

バロックの文化は、さかのぼること約400年前より始まりました。 ルネッサンスが起こった地中海交易の中心でもある、ローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、 フィレンツェなどのイタリア都市の文化が反映されています。

バロックという言葉はそもそも「歪んだ真珠」を意味し、ポルトガル語の由来です。 この言葉は、「悪趣味」や「下品」という侮辱が込められているという説があります。

またバロックとは建築様式の名称のことで、 形状の多様性と不規則な輪郭を重視した自由奔放で、躍動感あふれるものでした。

ルネサンス時代の建設物と比較すると、重みのある彫刻を施した型や鍍金塗装が施され、 楕円や曲線、歪んだ形、ねじれ柱など、ゴテゴテした装飾が好まれました。 バロックの建築様式は、宗教革命の影響を非常に受けており、サン・ピエトロ第生などの 教会堂が中心であったイタリアから、周辺のヨーロッパ諸国では、絶対王政が登場した フランスのルイ14世のベルサイユ宮殿のような宮殿建築が中心となりました。 時代背景と建築は表裏一体の関係にあり、ゴテゴテした過剰装飾を好むような絶対君主が 登場しなかったイタリアでバロック建築が衰退し、根付かなかったのは自明の理だったのでしょう。

家具は本来、文化や建築様式からの影響を受けるものでしたが、バロックに関しては、 建築様式から影響を受けることがありませんでした。 一方で、デザイン的には動物や花柄などをあしらった装飾をよく加えたものが特徴的でした。 その装飾は、君主権力の象徴でもありました。 この良い例として、ベルサイユ宮殿内は豪華なバロックインテリアで飾られ、 バロック様式はフランスのルイ14世式とも呼ばれています。

バロックのイスの特徴として、「彫刻脚」「螺旋やらっきょう型の逸物脚」また、革や籐、 ベルベット張りの小イス、肘掛イス、長イスがつくられました。 そしてこの頃には、新しい機能が付いた家具も生まれました。 コモドという飾棚と引出しの付いたチェスト「チェスト・オブ・ドロアー」が生まれました。

SILIK

バロック形式は、17世紀初頭に嵐のように突出しましたが、 18世紀に入りルイ15世の時代を迎えると変化の兆しが現れます。 文化の発祥がイタリアからフランスへ移行され始めました。 パリの社交会の女性たちは窮屈で退屈な宮廷生活からの解放を欲し、自由で屈託のない サロン形式の日常を求め、ロココ形式はあっという間にヨーロッパ全域に流行しました。 バロック特有の重厚な彫刻を施したオーダー(柱)や、豪華な鍍金装飾があまり好まれず、 代わってコカイユと呼ばれる貝に似た渦巻き状の曲線を浮き彫りした木製パネルが 盛んに使われるようになります。これがロココの始まりです。

この貴族階層の世相を反映させて生まれたのが、ロココ形式の家具で この装飾デザインは、非常に女性らしく優雅で美しい造形感覚に満ちた物でした。

ロココとは、フランス語で岩石を意味するROC(ロコ)に由来からきた18世紀文化を表す 総称です。 ロカイユも「小石・礫(つぶて)土」というロココと似た意味で、広い意味では礫や貝殻 などをセメントなどで固めて作る」という意味も含んでいると言われています。

パネルは白く塗装する場合が多く、デザイン全体に白色に加え、金色など自由で豪華な 加飾手法が取られています。 また、渦巻きや花飾り、唐草などの曲線模様を多用し、豊富な彫刻が至るところに施され、 縁取りとして金線を描き、カブリオール・レッグ(山羊脚)が使われ、軽快な雰囲気を演出 しました。

更に王侯貴族の館にはサロンと呼ばれる、曲線を多用した優雅な装飾で彩られた小部屋が 作られ、重厚で荘厳な雰囲気より、個人の快適性を重視する方向に変化していきます。

ロココ様式が真っ先に流行したのは、ルイ14世紀時代の豪華な装飾に対する反動が強かった フランスからです。 18世紀初頭の、オルレアン公フィリップの摂政時代を初期とすれば、18世紀中期から 終わりにかけての、ルイ15世紀の時代が盛期でした。 そのため、初期をレジャンス(摂政)様式、後期をルイ15世式と呼ぶ場合もあります。

特にイスの形には、当時のファッションの影響が表れ、広がったスカートを着用した社交界 の婦人たちが掛けやすいように全体に前広がりで、座面の前幅が広く肘掛が後退して小さく、 背や座にはすべりの良い絹のタペストリーが上張りされる形がもてはやされました。 イス以外の家具としては、中国趣味を取り入れた黒字に金の彫刻を あしらったコモド(飾棚)やカップボード、コンソール、などがありました。 また新しい機能の家具として手紙を書くためのビューロー(蓋付机)が考案され、婦人用の 個室を飾りました。 そして優雅な小部屋:サロンは、軽快で明るい色の小さな柄で飾られました。 この頃から住まいの体系が寝室分離となりはじめました。

次のルイ16世(后はマリー・アントワネット)時代になると、家具は直線脚となり、 コリント式の溝が刻まれるなど、荘重感のあるデザインへと変わり、やがて、 ネオクラシシズム(新古典主義)へと変化し、ロココの時代が終焉しました。

ヨーロピアン家具のご購入を検討されているお客様へ

4ステップでご案内します

販売会社
株式会社セイルー カグー事業部
お問い合わせ:
◆メール sale@kagoo.info◆電話 03-5422-6224
営業時間
10:00~17:00
開催場所
飯田商事 五反田TOC1F
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 五反田TOCビル1

GoogleMAPでみる
駐車場
有/30分毎260円(税込)
会場までのアクセス
■電車ご利用の場合
JR、都営地下鉄五反田駅より・・・徒歩8分
東急電鉄目黒線不動前駅より・・・・徒歩6分
東急電鉄池上線大崎広小路駅より・・・徒歩5分
お支払い方法
・クレジットカード各種(一括・分割・ボーナス払い)
・当日現金
・銀行/郵便前振込み

主な出品商品(製品一覧)

■シリック ■コルチャゴ ■ベルサーチソファー
■ジェニファーテイラー ■レオナルドコレクション(キャメル社)
■フォルムイタリアソファー ■ルミナ シャンデリア
■スワロフスキーシャンデリア ■ベンジャミンシャンデリア

4ステップでご案内します

お客様の喜びの声

『シリック』K・N様(30代男性)

両親がシリックの大ファンで、実家ではシリックのダイニングセットを使っていました。幼い頃から、シリックのこの豪華な装飾のダイニングを見て育ったせいか、今流行している他のシンプルモダンなダイニングセットを見てもなかなか心に響かなかったんです。都内の自宅にはなかなか置けないため郊外の別荘用にシリックのダイニングセットを購入しました。新しい別荘に、シリックの家具が置けて大満足です。何より幼少期の頃から馴染みのあるシリックのダイニングセットで再び食事ができるかと思うと感無量です。

 
『シリック』A・S様(30代女性)

先日自宅に来た旧友に「こんな素敵な飾り棚どこで手に入るの?いいわ~」って、とても褒められました。私の究極の自己満足だと思って購入したのに、こんなに褒められるなら、やっぱりいろんな方にお披露目したくなっちゃいますね。女性なら1度は憧れるこの雰囲気がたまらなくて、旧友も褒めてくれたんだと思います。誰でも気軽に手に入るものじゃないから、またそれも良いのかもしれないですね。次はテーブルが欲しいです。

 
『シリック』M・M様(40代女性)

店に入れようと思って。こんなに素晴らしい家具っていまだかつて出会ったことがないの。もう溜息がでちゃうくらい素晴らしいわ。この重厚感のなかに、繊細な彫刻がマッ チして高級感を醸し出しているのね。きっと。これは飾っておこうと思っているの。お客様に座っていただくより、ご覧になっていただいた方が良いと思うの。あぁ、すごく楽しみだわ。この豪華な空間を沢山のお客様と共有できるだなんて、この上ない幸せだわ。

 
『コルチャゴ』N・O様(60代女性)

やっと購入できました。念願のコルチャゴのソファーです。バブルの頃に流行したのですが、当時はとてもではないけど買えませんでした。20代後半から欲しいとずっと思って いて、還暦を迎えた今、記念にコルチャゴのソファーを購入しました。毎日眺めて、幸せな気分に浸っています。眺めているだけで、感無量になります。何時間眺めていても飽きません。やっと手に入れられたので。娘も気に入ってくれているようなので、我が家の家宝として、これからも末永く大切にしていこうと思います。

 

よくあるご質問

イベントに参加しないと買えないのですか?ショールームで直接買えないのですか?

基本的に飯田商事は商社のため、個人のお客様に小売りをしておりません。 私どものような販売店を通してご購入いただくシステムとなっております。

 
展示してある商品の色違いが欲しいのですが。

東京のショールームや名古屋の本社に在庫がある場合はご購入いただくことが可能です。 輸入品がメインのため次はいつ入荷されるかの確約は致しかねますので予めご了承くださいませ。

 
フェア以外の日でもショールームは開店していますか?

平日水曜日以外でしたらショールームが開いているため、ご覧いただくことは可能です。 その際にご購入ご希望の場合は当店へお電話でのご注文(お支払いは振込のみ)が可能でございます。

 
招待状発行で、個人情報を入力したくありません。プリンターも持っていません。

当店(KAGOO)へお電話でご予約いただければ、フェアにご参加できるようご案内させていただきます。

 
このショールーム以外で商品を見れるところはありますか?

実店舗で正規品の商品をご覧になれるのは、名古屋本社と大阪に支店がございますが、これだけの展示数を誇るのは東京ショールームのみでございます。

 
展示してある商品を売っているのですか?在庫があるのですか?新品ですか?

コルチャゴやシリックは特に希少価値が高いため、展示品=販売品になることが多いのですが、稀に在庫で所有しているものもございます。ビニールをかけ、お客様にお試しにならないよう促し、定期的にメンテナンスを行い、納品前に手入れをしておりますので新品同様で納品していただけます。ご安心下さい。

 
03-5422-6224 10~18時 水曜定休
公式通販のご案内 electronic cimmerce
Dozele
 
モバイル表示にする
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物の全部、または一部を弊社の許可なく複製、使用することを一切禁じます。
Since 12.1.2004. Copyright © 2004- 2017 SEILOO Inc. All Rights Reserved.