ホーム > 

「ホッ」と癒されるインテリア

賢い家具選びのコツ
 コーディネートメニュー

インテリアテイスト特集

お部屋チェックの10のポイント
家具を置いてはいけないNGスペースって? そのお部屋、センス良く見える理由はカラーバランスにあり!
「ホッ」と癒されるインテリア ベッド選びの基本
「ホッ」と癒されるインテリア
「あぁー、癒やされたーい!!」と、このストレス現代、心にも体にも疲労がずっしり溜まっている方に、今回は「ホッ♪」と和める癒しの空間作りがテーマです。
そう、今や空前の「癒し」ブーム!マイナスイオンや、備長炭などの効果が、雑誌やメディアで頻繁に取り上げられて、さらに“血液もサラサラ、新陳代謝も良くなり、お肌にも潤いが・・”と興味をそそる宣伝文句に少なからず関心を持つ方も多いのでは?
当然、私自身もその一人で、いつの頃から自宅には、マイナスイオンの放出機能のある加湿器や空気清浄機、たくさんのアロマグッツ・・と癒しアイテムが着々と増えつつあります。部屋をリラックスできる場所にしたいという思いを、目に見えないマイナスイオンに託して・・(^_^;)

一歩外に出ればストレス!ならば我が家に求めたいのは、疲れた心と体をリセットできる空間ですよね!好みのインテリアテイストや、暮らし方は人それぞれ違うと思いますが、我が家をホッとできて、和めて、安らげる場所にしたいという思いは、だれもが望むことだと思います。
そこで、目に見える室内のコーディネート術で、癒しの部屋づくりを考えてみることにしました。注目したのは「ホッ」とした気分を味わえる空間です。
ベースカラー 和の良さ、「低さ」を取り入れた暮らし方
  「ホッ」とした気分を味わえるとき。例えば、お風呂に入ったその一瞬。例えば、懐かしいなぁと感じるモノにであったとき。例えば木の香りがほのかにする場所。例えば、畳の和室にゴロンと大の字で寝転んでみたとき。と、ちょっと強引かもしれませんが、和の感じってなんだか心落ち着きませんか?
そこで、現代のインテリアスタイルに、日本人の慣れ親しんできた和の感覚をプラスしたインテリアはどうでしょうか?和の良いところはその「低さ」にあると思います。暮らしの目線を今よりも少し下げてみることで空間に「ゆったり」感が生まれます。
ベースカラー お部屋スッキリ広々効果
同じ面積の部屋でも、目線の位置で広さの感じ方はまったく違います。低い位置から見れば、狭くて天井の低い部屋でも広々と見えてしまうのです。また、家具も座面高の低い椅子やソファー、テレビやオーディオなどの収納家具も高さを押さえて配置してすることで床に座ったとき、圧迫されません。壁も低い家具にすることで大きく空くため開放感を与えてくれます。天井をより高く見せるには、カーテンや空いた壁の飾りにストライプなどの縦のラインを配してみると効果的ですよ!
 
ベースカラー 好きなポーズでくつろぐ、安らぐ
床に近い暮らしは、くつろぎのカタチの可能性が広がります。座って脚を伸ばしたり、のびのびしたり、膝を抱えて座ってみたり。気軽に使えるフロアクッションで、ゴロゴロと心ゆくまで寝転んでみることも♪床は、座布団・座椅子・クッションを置くだけで、どこでも座面となり、気軽に移動することができる気軽さがあります。ソファーも座面の高さが低いもの選ぶとくつろぎ感もアップします。全体の高さを抑えたスタイリングだからこそ、奥行きゆったりのソファーも圧迫感なく置くことができます。ソファーの上で横になってお昼寝するのにも座面が広いと窮屈せずにびのびくつろげますよね!また、低いソファーだからこその利点も。座面が低いことで床座の人との目線の高さも近くなるので、会話しやすくなるのもポイントです。
ベースカラー 何人来ても大丈夫、空間使いは自由自在
お客様をリビングでおもてなし。そんな時も床座を取り入れることで、人数を気にする心配も少なくなるのではないでしょうか。来客に備えて用意するのは、座布団や座椅子。どちらも使わない時は、スペースをとらずに収納できるところが魅力的です。好きな場所で思い思いのくつろぎスタイルでリラックス!
 
ベースカラー 「自然」を室内に取り入れる
インテリアの中での自然といえば、観葉植物やフラワーアレンジメントなどが挙げられます。また、外とのつながりである窓は、一番部屋の中でも視線が集まりやすいポイントでもあります。部屋の入り口からの視線の通り道を遮らない家具の配置と窓周りをスッキリとまとめることにより、より開放的な印象になります。
また、家具の素材も天然木や綿、麻などの自然材料で仕上げられているインテリアアイテムには温もりを感じますよね!例えば、自然素材の代表とも言えるのがアジアンテイストの家具。東南アジアのジンジンと照りつける太陽、高温多湿の気候、深いジャングルで育った自然素材でつくられた家具は、温もり感たっぷりのやさしい印象です。そのアジアン家具でまとめられた空間は、心落ち着かせるヒーリング効果があります。
ベースカラー 急展開!近年リラックスアイテム事情
インテリア商品にも続々と癒し系リラックスアイテムが発売されています。

① 人気急上昇中のソファーがこのタイプ。横のレバーを引くとフットレストが出てリクライニング、さらに背面に力を掛けるとフラットに近い状態になる機能付き。脚を伸ばしてくつろぐ気持ちよさは格別です。
(商品番号ZFB125T225SP25)

② ローバックからハイバックまで好みの背の高さに合わせることができるソファーです。体型や体格によって、人の座りやすさも変わります。このソファーは1台で幾通りもの人の気持ちー♪を作り出してくれる優れものです!(商品番号ZU2005AS21IV)

③④ 斬新なデザイン!そしてキュートなフォルム。このスタイリッシュなデザインの椅子には、なんとバイブレーター機能まで付いています!さらに3段階リクライニング機能付。今までのマッサージチェアの雰囲気から逸したフォルムが、リビングの主役になりそうですね。 (商品番号ZU2005HOMESTYLERE)

⑤ これぞ究極の癒しベッド!好みに合わせて、頭部、背部、腰部、脚部の4箇所がそれぞれ独立してリクライニングします。好みの就寝角度調節はもちろん、テレビを見たり、本を読んだりとベッドルームでの楽しみが広がります。
(商品番号ZFBS27JFL320ROOPER)

⑥ 低反発ウレタンフォームの枕はもうすっかり癒しの定番品。その優れた圧力分散性とソフトなタッチで、首や肩を圧迫せず、いつもリラックスした状態に。他素材とは比較にならない優しい感触に「もう手放せない!」という方も多いのでは?
(商品番号ZF2005PILLOW)

 
ベースカラー 色から見る、癒されるお部屋のGOODカラーは?
 

病院や教育施設などでは、アイボリー色を基調に、淡いグリーンやパステルピンク色を指し色に使った空間をよく見かけると思いませんか?
その理由には、グリーンとピンクに他の色よりも高いリラックス効果があると言われているからなのです。落ち着きとやすらぎを感じさせる色グリーンには、安定感や平常心を取り戻す効果があると言われています。また、幸せとリラックスを促してくれる色ピンクは、内分泌線のアドレナリンの分泌を促進させるため、心や体の筋肉をリラックスさせてくれ、心身の働きをスローダウンさせてくれる効果があると言われています。

 コーディネートメニュー

インテリアテイスト特集

お部屋チェックの10のポイント
家具を置いてはいけないNGスペースって? そのお部屋、センス良く見える理由はカラーバランスにあり!
「ホッ」と癒されるインテリア ベッド選びの基本
03-5422-6224 10~18時 水曜定休
公式通販のご案内 electronic cimmerce
Dozele
 
モバイル表示にする
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物の全部、または一部を弊社の許可なく複製、使用することを一切禁じます。
Since 12.1.2004. Copyright © 2004- 2017 SEILOO Inc. All Rights Reserved.